記憶を司る「水」

ドイツのシュトゥットガルト大学エアロスペース研究所で、「水は記憶を司っている」ということが科学的に証明できると発表しました。

私たちの身体の70%を占める水も、記憶を司り、個人のアイデンティティを作り上げています。

健康のために水をたくさん飲む、という目的はもちろんですが、水にはそれ以上に、私たちがこの世に生まれてきた目的を再認識させてくれる、その記憶を呼び起こしてくれる、という役割があるのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000